PROGRAM

■建築設計のすすめ方

 

    設計を委託する前に、互いに率直に話し合いましょう。 

         そのために、

1)    設計者である私たちが、あなたのお宅を訪問します。あなたのお考えを遠慮なくおはなしください。

どんなお話でもプライバシーは守ります。

2)   次に、我が事務所を訪ねていただきます。自邸(事務所兼住宅)を見ながら、私達は住宅に対する考えや設計についてお話をします。どんな疑問でも、気軽にお尋ねください。

 

     後日ご家族で検討し、設計を依頼するかどうかのお返事をください。勿論、ここでお断りも結構です。

  

    設計契約までに準備するもの

1)   建主が準備するもの:敷地図(敷地図がない場合、測量の依頼)総予算、規模、工期       

2)   設計者が準備するもの:建築法規上の条件、その他の条件調査

 

  □ 建築設計監理の業務工程

. 基本設計   1 基本設計案の作成                                                

                2 基本設計図の作成及び1/50の模型作成

 

. 実施設計   1 実施設計図と仕様書の作成

         2 確認申請図と各種申請図及び申請書作成

         3 工事見積の調整 業者決定

                  4  工事契約に関する協力

 

. 工事監理   1 建築詳細図の作成

         2 施工図などの検査及び承認

         3 工事の監理と指導

         4 変更工事の処理

         5 竣工検査と承認、                                                  

         6 中間及び最終支払いの承認

 

    設計監理料  下記表参照下さい

 

建築工事の種類 建築設計監理料 支払時期 左記以外にかかる費用

 戸建の住宅

(木造、鉄骨造、RC造)
 工事費の11%

 契約時    20%

 基本設計完了時20%

 実施設計完了時30

 竣工時    30

 

・地盤調査実費

 

・構造、設備設計事務所 

 に依頼の場合 実費

 

・確認申請代行料20万

 

・フラット35申請代行料20万

 

・他許認可申請代行料実費

 

・遠距離交通費、宿泊費実費

 

 (遠距離の場合は相談)

 

 

 集合住宅

(マンション、

 コーポラティブ住宅)

 

 

 工事費の11%

 

 

 同 上

 

 戸建住宅、中古マンション
 リニューアル

 

 工事費の15%

 

 

 同 上

 

 住宅以外の建物

 規模、内容による

 

 同 上